公開履歴
髪に悩む男性

ミノキシジルの服用を考えている場合には、事前に確認しておくべき点があります。
例えばそのためのポイントの1つに初期症状があげられます。
服用を始めてから出てくる初期症状や副作用を把握していなければ、何らかの変化が出てから焦ってしまうかもしれません。
事前にどのような変化が出る可能性があるのか把握し、落ち着いて対処できるようにすることが大切です。

もちろん初期症状などのデメリットに関する内容だけではなく、血管拡張や発毛効果などのチェックも必要です。
メリットとデメリットをしっかりと把握したうえで服用することで、より良い形でミノキシジルを利用することにつながります。
さまざまな視点から、ミノキシジルについて情報を集めたうえで服用しましょう。

ミノキシジルの初期脱毛を知っておこう

発毛剤として利用されることが多いミノキシジルですが、実際に外用薬や内服薬を利用する場合には注意しなければならないポイントが存在しています。
注意すべき点の1つが、ミノキシジルには初期症状があることです。
実は発毛効果が期待されているものの、使い始めてすぐの段階では初期脱毛が起こります。
発毛のために利用しているのに、初期脱毛が起きたら逆効果だと感じてしまう方もいるかもしれません。
ですが初期脱毛は逆効果というわけではなく、毛が生えるための準備だという点を把握しておきましょう。

ミノキシジルで初期脱毛の症状が起きる理由の1つが、発毛サイクルによるものです。
新しい毛が生えるための準備をしているだけなので、初期脱毛という場合であれば心配をする必要はありません。
実際に出てくる症状で不安を抱えないようにするためにも、どのようなサイクルで毛が抜けるのか把握しておくのも1つの手です。

髪の毛が生え変わるためには、一定のサイクルが存在しています。
サイクルの中で休止期に突入してしまうと、毛の成長が止まります。
そこで髪を育てるためには、休止期の状態ではなく早期成長期に導くことも大切です。
ミノキシジルを利用することで、早期成長期に髪を導くことが可能です。
休止期から髪が生え変わって育てる時期へと変えることができるのです。
髪が生え変わる時期が出てくることで、初期脱毛の症状を感じるようになります。

押さえておきたいポイントの1つに、どのくらいの毛が抜ける可能性があるのかという点があげられます。
実際にミノキシジルで起きる初期脱毛の症状の出方には、人によって違いが見られます。
成長がストップしている毛はすべて抜けることになるので、予想以上の脱毛で悩む方もいるかもしれません。
ですが毛が抜けたからといって焦るのではなく、ミノキシジルの効果によるものなのか見極めることが大切です。

初期脱毛による注意点の1つが、症状が出る可能性があるのはどのくらいの期間なのかという点です。
ミノキシジルによる発毛剤を使った初期脱毛の症状が出る期間は、通常2週間~1ヶ月ほどです。
もし1ヶ月以上たっても症状が続く場合には、使っている発毛剤との相性が悪いという可能性もあります。
症状が気になる場合には、使用を中止して病院に相談へ行くようにしましょう。

また脱毛について考えるときに忘れてはいけないのが、自分が抜け毛に対して敏感になっていないのかという点です。
薄毛などの症状で悩んでいない方であっても、1日で50~150本前後の毛が抜けることもあります。
一般的な方でも毛は抜けるものだからこそ、初期脱毛によるものなのか通常の抜け毛なのか見極めることも大切です。
毛が抜けやすい原因はストレスなど別の点だという可能性もあるので、そのような点も理解したうえでどのような対応を取ればいいのか考えていくようにしましょう。

ミノキシジルの血管拡張効果について

ミノキシジルに発毛効果が期待できる理由として、血管拡張をあげる方も見られます。
確かにミノキシジルには、血管拡張効果が期待できます。
そのため血管拡張によって発毛につながると思っている方もいますが、そのようなわけではありません。
実はミノキシジルが発毛を促進するステップには、大きく分けて3つの役割が存在しています。

1つ目の役割となるのが、細胞増殖を促して細胞の成長因子を生成するというものです。
細胞増殖と聞くと難しく考えてしまう方もいるでしょう。
しっかりと理解しようと思うと、化学式まで考える必要があります。
複雑な化学式は基礎知識がないと理解するのも難しいので、細胞増殖と成長因子の生成にどのような意味があるのかという点だけ理解しておくのも1つの手です。

当たり前のことですが、髪の毛はすべて細胞から成り立っています。
そのため発毛を促進するためには、髪の細胞が増えていくことが必要不可欠です。
ミノキシジルには、髪が生えて成長するための細胞増殖を促す効果が期待できます。
そして細胞が増殖しやすい環境を整えるためには、成長因子の存在も欠かせません。

2つ目のポイントになるのが、アポトーシスを抑制するということです。
アポトーシスの働きによって、頭皮をより良い環境にしようと思って毛根の働きを成長期から退行期にしてしまうこともあります。
そのような状態になると、毛の成長がストップしてしまうので注意が必要です。
ですがアポトーシスを抑制することによって、成長がストップする毛を減らすことにつながります。

3つ目の役割として血流改善があげられます。
頭皮の血流が悪くなってしまうと、髪の毛1本ずつに必要な栄養素が行き渡らなくなってしまいます。
そのため血流を良くして、発毛しやすい環境つくりのサポートを行っています。
また血流を良くするうえで、血管拡張効果も必要なポイントの1つです。
血流を良くしようと思ったときに、血管が狭いと栄養が隅々まで行き届きません。
そこで血管を拡張することによって、髪の毛1本ずつに必要な栄養素が行き渡りやすくなるのです。

このようにミノキシジル=血管拡張によって発毛効果を実感できるというわけではなく、複数の役割が合わさって毛が生えやすい環境を作っています。
具体的にどのような仕組みになっているのか把握することによって、信頼してミノキシジルを利用することにもつながります。

また効果が期待できるといっても、発毛が実感できるまでの期間には個人差が存在しています。
相性が悪いと思うような効果が期待できないこともある点も理解して、上手にミノキシジルを利用するようにしましょう。
1つ忘れてはいけないのが、効果がすぐに出ないからといって利用を辞めないという点です。
すぐに利用を辞めたら、頭皮環境の改善どころか状況が悪化してしまう可能性もあります。
より良い頭皮環境を保てるように、上手に使うことが大切です。

ミノキシジルの副作用に注意しよう

発毛効果が期待できるミノキシジルですが、実際に利用する場合には初期脱毛以外にも注意しなければならない点が存在しています。
その注意点というのが、ミノキシジルを利用することで副作用が出る可能性があるという点です。
これは外用薬と内用薬のどちらを利用する場合でも、出てくるケースが見られます。
そのためどのような副作用が出る可能性があるのか理解したうえで、安全に気をつけて使うことを忘れないようにしましょう。

例えば外用薬のミノキシジルを利用する場合に出てくる可能性が高い副作用として、ふけやかゆみの問題があげられます。
また発疹やかぶれなどの症状が出てくる場合もあるので、様子を見ながら使うことも忘れないようにしましょう。
ここでポイントになるのが、かゆみやふけなどの症状が出てきたときにどのような対応をすればいいのかという点です。
多少なら我慢できるとしても、これらの症状が出てくる場合には刺激が強すぎる可能性もあります。
そのため刺激が1段階低い商品に切り替えるのも1つの手です。

ミノキシジルには血管拡張効果が期待できるので、その副作用として顔や足にむくみの症状が出てくる方も多くいます。
むくみの症状が出た場合には、入浴で血行を良くして体内の老廃物を輩出できるようにしましょう。
むくみが気になる部分をマッサージするだけでも、症状の解決が期待できます。
さらに利尿効果が期待できるお茶を多く飲むのも1つの手です。

一方で内服薬の副作用として、動悸やめまいなどの症状があげられます。
ミノキシジルを服用することで血行がよくなって、心臓に負担がかかってしまうケースも見られます。
ですがミノキシジルによる動悸の多くは、一時的なものでしばらく服用を続けていればおさまります。
めまいもしばらく様子を見て症状が落ち着くようであれば、心配をする必要はほとんどありません。

実際に副作用が出たときのポイントになるのが、焦らずに対応するという点です。
例えばめまいが出たとしても、すぐに病院へ行こうと無理をすると症状を悪化させてしまう可能性もあります。
めまいなどが出ても少し休んで様子をみたうえで、どのような対応を取るのがいいのか考えるようにしましょう。

一方でふけやかゆみくらいの症状であれば、大したことないと決めつけてしまう方も多くいます。
ですがふけやかゆみなどの症状でも長続きする場合には、ミノキシジルとの相性などに問題がある可能性もあります。
発毛効果を期待するために利用していても、副作用が長続きすると頭皮環境が悪化するかもしれません。
頭皮環境をより良いものに保つためにも、副作用が長続きするようであれば医師に相談するようにしましょう。
医師に相談することで、どのような対応を取るのがベストなのか判断してもらうことにつながります。
長続きしている場合であれば、自己判断で対処しないことが大切です。

ミノキシジルの併用禁忌を確認しておこう

ミノキシジルを服用する場合には、副作用以外にも注意しなければならないポイントが存在しています。
その注意点になるのが、併用禁忌に関する内容です。
一般の薬を飲む場合でも、飲み合わせなどを考えることが大切という話を聞いたことがある方も多くいるでしょう。
飲み合わせが悪いと、体調をよくするための薬でも健康に影響が出る可能性があります。
そのような体への悪影響を防ぐためにも、併用禁忌について確認しておくことが必要不可欠です。

例えばミノキシジルにおける併用禁忌の1つに、バイアグラがあげられます。
バイアグラと併用するのを防ぐべき理由が、血管拡張効果です。
実はミノキシジルだけではなく、バイアグラにも血管拡張効果が存在しています。
同じ効果があるものを併用することによって、血管が過度に拡張される危険性が出てきます。
血管を拡張させすぎると、急激に血圧が低下して危険な状態になるかもしれません。

バイアグラ以外にも、ミノキシジルとの併用を注意すべき薬はいくつも存在しています。
普段から服用している薬があるという場合であれば、併用しても大丈夫なのか確認することを忘れないようにしましょう。

併用禁忌に関する情報は、インターネットなどを利用してある程度調べることは可能です。
ですがインターネット上に書かれている情報が、すべて正しいとは限りません。
最新の情報ではない場合、間違った知識で判断することになるかもしれません。
そのためインターネットで調べた情報だけで判断せず、医師に相談することも大切です。

ミノキシジルを処方してもらうために病院へ行った場合、医師から併用禁忌に関する説明があります。
自分が飲んでいる薬などがある場合には必ず申告して、併用しても大丈夫なのか確認するようにしましょう。
自分勝手な知識で判断するのではなく、医師に相談したうえで服用することが大切です。

また風邪薬などを併用して飲んでしまったときに、含まれている成分によっては体調が悪化してしまうケースも見られます。
もしもミノキシジルとの併用などの影響で体調に急激な変化が合った場合には、無理をせずに早めに病院へ行くことも大切です。
重要な問題に発展してからでは遅いので、早めに対処できるようしましょう。

副作用の問題であれば、事前に防ぐのは難しくなります。
ですが併用禁忌に関することであれば、自分で意識して注意することで防ぐことが可能です。
薬の成分や効果などを確認したうえで、問題なくミノキシジルを服用できるようにすることが大切です。
自分で意識するだけで不安な場合には、遠慮せずに担当医に相談しましょう。
直接病院へ行って相談するのが難しい場合には、メールや掲示板などで相談に対応してくれるところを探すのも1つの手です。
メールなどでの無料相談であれば、自宅にいながら好きなタイミングで気軽に相談できるなどのメリットがあります。