• ホーム
  • フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品

2020年03月03日

年齢を重ねるとともに髪の毛が薄くなってしまうことに悩んでいる男性はとても多いものです。
最近では若いうちから髪の毛が薄くなる人も多く、薄毛の治療に注目が集まっています。
最近はミノキシジルやプロペシアなどのAGA治療薬を医師から処方してもらい服用している人も多くなっています。
AGA治療薬を正しく服用することで、発毛効果を期待することができるのです。
ただし、決められた使用方法を守らなければ腹痛や頭痛などの辛い副作用が出る恐れがあります。
そのような状況にならないように、しっかりと医師の診察を受けながらプロペシアを飲んでいく必要があります。

また、最近ではプロペシアよりも価格の安いフィンペシアが人気となっています。
プロペシアと同じフィナステリドと言う成分が入っており、発毛効果が高いことで知られています。
プロペシアの価格が高いと感じている人は、フィンペシアの服用を検討してみましょう。
価格が安いからといって効果が落ちるわけではありませんので安心してください。

効果があることと同様に、プロペシアと同じ副作用があることにも注意しましょう。
正しい使用方法を守ることで、プロペシアと同じ発毛効果をもたらしてくれます。

例えば、お酒と一緒に服用する事はやめてください。
アルコールとともにAGA治療薬を服用する事は体に良くありません。
お酒をよく飲む人は、朝食と一緒にAGA治療薬を服用しておくと良いでしょう。
夜に飲む必要がなくなり、アルコールとともに服用してしまう恐れもなくなります。

髪の毛が薄くなってしまっていることに悩んでいる人は、まずはAGAを治療する病院に相談してみてください。
プロペシアを処方される場合には、フィンペシアの取り扱いがないかを確認することをお勧めしています。
格段に値段が安くなりますので、AGA治療に取り組みやすくなります。

ジェネリックなので費用が安いのが利点

プロペシアと同じフィナステリドが配合されているのにもかかわらず、フィンペシアが安いのにはジェネリック医薬品と言う特徴があるからです。
ジェネリック医薬品とは、一般的に後発薬と言われるものです。
先に開発されたプロペシアの開発方法を用いてフィンペシアを作っています。
そのために薬の開発費用がかからず、安くフィンペシアを作ることができるのです。

もちろん、後に開発された薬だからといって効果が薄いわけではありません。
しっかりとフィナステリドが配合されていますので、男性型脱毛の改善を期待することができます。
ジェネリック医薬品は成分ではなく、作り方や特許関連の費用など、成分のその他の部分でコストカットをしています。
このような事情があることから、フィナステリドはプロペシアよりも値段が安くなっていると言うわけです。

フィンペシアを服用する場合でも、プロペシアと同様に1日1回の服用回数を守る必要があります。
1日1回あたり10ミリグラムまでですから、それ以上の量を飲む事は避けましょう。
それ以上の量を服用してしまうと急激に血圧が下がってしまい心臓への負担が増します。
胸の痛みが出たり動悸が激しくなったりする可能性が高くなります。
薬を多く飲んだからといって髪の毛が生えていくわけではありませんので注意してください。

また、最初から上限の10ミリグラムを飲むこともお勧めできません。
2.5ミリグラムが最小値なので、まず初めに2.5ミリグラムから始めていくことをお勧めしています。
2.5ミリグラムで効果が出るのであれば最小値の服用で問題ありません。
そのほうが値段も安く済みますし一石二鳥です。
効果が出るまでにはじっくりと取り組む必要がありますので、少しでも安いジェネリック医薬品を使うと良いでしょう。