• ホーム
  • ミノキシジルの服用の仕方について

ミノキシジルの服用の仕方について

2020年01月27日
脱毛を気にする男性

男性の脱毛であるAGAを治療する薬として有名なミノキシジルを服用している人は多くいます。
ただし、正しい飲み方をしないと副作用が強く出たり、髪の毛が生える効果を期待することができなくなってしまいます。
ミノキシジルを利用する場合には正しい服用方法を守ることが何よりも重要です。
早く髪の毛を生やしたいから多めに飲んでいる人や、決められた服用回数よりも多くミノキシジルを飲んでいる人は注意してください。
多く飲んだり回数を増やしたからといって効果が大きくなるわけではありません。

そもそもミノキシジルは副作用がある医薬品なので、薬局で買うことができず、医師の処方箋をもらう必要がある薬です。
自分の判断で飲み始めたり、逆にやめるようなことをするとせっかくのAGA治療が無駄になってしまいます。
必ず、医師の診断のもとでミノキシジルを服用するようにしてください。
そうすれば、AGAの改善が見られるようになるでしょう。

今回はミノキシジルの服用の仕方や副作用について解説していきます。
薄毛で悩んでいる人はこの記事を読んで、AGA治療の方向性を探ってみてください。
ミノキシジルを飲む方法以外にも薄毛治療はありますが、やはり治療薬の服用は大きな効果を期待できる方法です。
正しいやり方を知り、あなたの髪の毛を生やしていて下さい。
そうすれば自信を持って生活をすることができますし、何より気持ちが前向きになることでしょう。

では、どのようにミノキシジルを服用すれば最大限の効果を発揮できるのかについて説明します。
まずは服用する時間帯についてです。
朝と夜のどちらに飲めばよいのか迷っている人がいますが、自分のライフスタイルに適した時間帯に服用することをお勧めしています。
例えば、お酒をよく飲む人はお酒を飲まない朝にミノキシジルを飲んだ方が良いです。
ミノキシジルはお酒との相性が悪く、朝ごはんと一緒に飲むと言う習慣をつけた方が安心できます。

服用をやめる場合には注意しましょう

ミノキシジルを服用する場合には、服用方法と副作用について医師のアドバイスを受けると良いでしょう。
服用の決まりを意識していないと発毛効果が出ないだけでなく、薄毛の進行が再開してしまう可能性さえもあります。

例えば、AGAの治療薬を服用し始めると脱毛してしまうことがあります。
このAGA治療薬を飲み始めた当初に見られる脱毛はいわゆる初期脱毛と言われるものです。
髪の毛が生え変わる周期の中の髪の毛が抜ける段階にあるものなので心配はいりません。
時間が経てば元に戻るのですが、ミノキシジルの影響だと考えて自分の判断で服用をやめるケースもよく見られます。
この初期脱毛は時間の経過とともに治ることの方が多いため、脱毛が見られてもミノキシジルを服用し続けることが重要です。
脱毛がひどくなったからといってミノキシジルの服用を止めてしまうと、せっかくミノキシジルを飲んで血行促進をし体質が変わる途中なのにもかかわらず、薄毛の進行が再開してしまいます。

ミノキシジルによる体質改善は一朝一夕では完了しませんし個人差もあります。
どのくらいの期間で髪の毛が生えるのかは人それぞれなのです。
発毛が起きるまでの時間は数ヶ月から1年単位の時間がかかり、大きな個人差があります。

少し位の初期脱毛があるからといって知識がなければ、ミノキシジルを止めてしまい頭皮の状態が元に戻るでしょう。
しかし初期段階の脱毛は心配ないことを知っていれば、ミノキシジルの服用を続けられるはずです。
頭皮の血行促進が起きるまでの時間は数ヶ月から1年単位の時間がかかります。

少し位の初期脱毛があるからといって知識がなければ、ミノキシジルを止めてしまうでしょう。
しかし初期段階の脱毛は心配ないことを知っていれば、ミノキシジルの服用を続けられるはずです。